食欲の秋の由来や英語で。旬な食材やダイエットも総まとめ!

ぱんだ子
ぱんだ子
食欲のあき!食欲のあき!!っていうけど、、、なんで?
うぐ、、、なんとなく美味しいものがいっぱい時期になるからかな?とは思ってるけど。
あめちゃん
あめちゃん
ぱんだ子
ぱんだ子
秋の食べ物かぁ。さつまいも、サンマ、柿とか?
そうだね。ちょっと調べてみようか!
あめちゃん
あめちゃん

 

秋になると、空から降り注ぐ日差しも少しずつ柔らかくなってきますね。
あれ、5時ってこんなに暗かったっけ?なんて思うようになってくる秋。

そんな日差しにつられて、見上げた空にはうろこ雲。いつの間にか、夏の青空から秋らしい空色へと変わりつつあります。

お店に並ぶ野菜などの顔ぶれも秋色に。
スーパーにいってみると、茄子、柿、栗、秋刀魚、松茸!
その他にもたくさんの秋の食材が並び始めています。

これからの季節、おいしい楽しみがいっぱいになってきますね!まさに「食欲の秋」です!

今回は、そんな食欲の秋について徹底調査していきます!

 

「食欲の秋」由来や英語トリビアまとめ

今の時期になると、思い浮かぶ言葉の一つではないでしょうか?

この秋の由来。あなたは知っていますか?

 

食欲の秋の由来は?

この言葉は古くから使われていますが、由来は諸説あります。

今のように農業技術が発展していなかった昔は、それぞれの食材の旬に合わせて収穫をしていました。

そして四季の中で最も、旬を迎える食材が多いのが秋だったのです。そのため、秋には食べ物が豊富になり、食欲をそそる季節になるからという説。

また、人間も動物も秋に比べて収穫量が減る冬に備えて、栄養素を蓄えようと実りの秋にたくさんの食べ物を食べようとするからという説。

さらには、夏の時期にバテてしまった体を回復するために食欲が増すからという説。

他にも幾つか説があるようです。

 

食べたい!という気持ちが増す季節。でも、なぜこの季節に食欲が増すのでしょう?

 

食欲の秋にお腹が減る理由は?

お腹が減ると食欲が湧きますよね。食欲のメカニズムには様々な要因があります。

その中から幾つかをご紹介しましょう。

 

  • セロトニン?

セロトニンとは神経伝達物質の一つで、人間の精神面に大きく関わり、精神の安定を維持するために重要な働きをします。

「幸せホルモン」とも呼ばれ、セロトニンが不足するとうつ病や不眠症などの精神疾患を引き起こしやすいと言われています。

 

このセロトニンは、太陽の光を浴びる時間によって、体内に分泌される量も違ってきます。陽に当たれば当たるほど、分泌量が多くなるのです。

陽に当たる以外にも、糖質、乳製品、肉類を摂取することや、睡眠をとることでも分泌されます。

秋は夏に比べて日照時間が短くなります。したがって、夏に比べるとセロトニンの分泌が減ってしまいます。それを補うために、いっぱい食べたり眠ったりしてセロトニンを増やそうとするのです。

 

  • 基礎代謝?

人間は何もしていなくても、心臓が動き、息をしています。心臓を動かすにも、何気なく息をするにも、エネルギーを必要とします。

基礎代謝とは、じっとしていても身体で生理的に行われる、生命維持のための活動で必要なエネルギーのことです。

この基礎代謝は、気温の変化によって、上昇または低下をします。

気温が下がると、体温を維持しようと熱生産が上がり基礎代謝が上昇するのです。

夏に比べて気温が下がる秋は、基礎代謝が上がるのでより多くのエネルギーを必要とします。そのエネルギーを補給しようと食欲が増加し、お腹が減るのです。

 

世界各国でも実りの秋。食欲が増す季節!

あれ?ところで、英語で「食欲の秋」ってなんて言うんしょうか……?

 

食欲の秋を英語で言うと?

「食欲の秋」に限らず、「スポーツの秋」や「読書の秋」など「~の秋」という言葉は、日本独自の文化から来ています。

なので、英語で直訳して伝えても、海外の人には分りにくくピンとは来ないでしょう。

直訳すると、

“Autumn of appetite.“

Autumn(秋)オータム

appetite(食欲)アペタイト

です。

 

「食欲の秋」を英語で表現する時は、これらの単語だけではなく、説明的なものを入れた方が分りやすく伝えられます。

 

“In Japan, we say autumn is a perfect season to have a good appetite.

 There’re bunch of foods in season. Also, we could store up energy for coming cold season.”

「日本で、秋は食欲旺盛な季節と言います。

旬の食べ物がいっぱいあり、寒い冬の季節に向けて、エネルギーを蓄えることもできます。」

 

ところで、秋が旬の栗は英語ではマロンと言いません。

chestnut(栗)チェスナッツと言います。

マロンはフランス語なんです。…知っていましたか?(私は知らなかったです!)

 

栗の他にもたくさんの秋の食材がありますよね。

あなたは何を思い浮かべますか?

ぱんだ子
ぱんだ子
オウタムゥ、アペタイトォ!!

食欲の秋の食材とは?

旬の食べものは、自然の恵みをたっぷり含み、その時期が一番おいしく栄養豊富です。

魚だったら脂がのっておいしく、野菜や果物は甘みが増してほっぺたが落ちそうになります!

そんな旬の食べものが一年の中で一番多く溢れる季節。

「食欲の秋」にはどんな食材があるのでしょう?

  • 秋刀魚(さんま)

秋刀魚は栄養素がとても豊富な魚です。

栄養素の中で一番豊富なタンパク質は、良質で筋肉をつけるのに重要です。

他にも、血液をサラサラにするEPA、脳の働きを元気にするDHAも多く含まれ、生活習慣病や認知症予防にも効果があります。

女性にうれしい貧血予防の効果があるビタミンB2も含まれています。

また、苦くて敬遠しがちな腸(はらわた)には、皮膚や粘膜、視覚を正常に保ち、免疫力を維持するビタミンAも含まれています。

秋刀魚は、胃腸を温め消化吸収を助けるので、夏バテの疲労回復にはピッタリな食材です。

  • 蕎麦(そば)

蕎麦にはポリフェノールの一種であるルチンが豊富に含まれています。

ルチンは強力な抗酸化作用を持ち、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防に効果があります。

さらに、ルチンはビタミンCを吸収しやすく、アンチエイジングやお肌のケアなどにも役立ちます。

また、食物繊維も多く含まれ、白米の8倍はあると言われています。便秘にお悩の方にはおすすめの食材です。

  • 茄子(なす)

茄子は体を冷やす野菜です。「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざがありますが、これは茄子を食べて体を冷やさないようにという優しさの意味もあります。

中国では茄子の冷却作用や血液の循環を良くする作用、腫れをとるなどの効果があるため様々な治療に使われてきました。

茄子の皮にはナスニンという色素が、身にはケルセチンなどのフラボノイドやビタミンEなどが含まれ、上記のような作用があることが分ってきています。

秋の茄子は、皮が柔らかく身が引き締まりおいしくなります。94%が水分で、それ以外は食物繊維や糖質などです。

体を冷やす食材なので、食べすぎには注意しましょう。

  • 松茸(まつたけ)

「香り松茸、味シメジ」と言われるように、松茸の豊潤な香りは秋の訪れを感じさせます。しかし、この独特の香りを楽しむのは日本人だけで、欧米人には「靴下の臭い」と称され、不評なんだそうです。

松茸には他のキノコ類と同様に食物繊維が豊富に含まれています。

また、血行の循環をよくするナイアシン、体内の余分な塩分を排除し血圧上昇を防ぐカリウムなどが多く含まれています。

松茸の香りは2~3日で飛んでしまうと言われていますので、できるだけ早く食べることをおすすめします。

  • 銀杏(ぎんなん)

イチョウの色づきが終わり、落ち葉が始まって実が落ち始めます。それを収穫する銀杏拾いは、秋の風物詩の一つです。

イチョウには雄と雌があり、銀杏が実るのは雌の木だけです。

銀杏は、脂質、タンパク質、糖質、ビタミン、ミネラルなどがバランス良く含まれています。

皮膚や粘膜、視覚を正常に保ち、免疫力を維持するビタミンA、疲労を回復するビタミンB群、抗酸化作用で老化防止に効果があるビタミンC、ミネラルの一種で貧血予防に効果がある鉄、高血圧を緩和するカリウムが多く含まれています。

銀杏には、膀胱や肺を温める効果があるため、夜尿症や喘息の改善に効くとされ、中国では漢方薬として使用されてきました。

感染症を予防する成分が多く含まれるため、風邪を引きやすいこれからの時期には最適な食材です。

ただし、食べ過ぎると消化不良を起こすので注意しましょう。特に5歳未満の子供には与えないようにしましょう。

  • 栗(くり)

栗はナッツの一種で、栄養価が非常に高い食材です。

主な成分は炭水化物であるでんぷん。他にもビタミンやミネラルが含まれ、特に美容に役立つビタミンCや疲労回復に効果があるビタミンB1が豊富です。

ビタミンCは熱に弱いと言われていますが、栗に含まれるものはでんぷん質に覆われているので熱に強いのが特徴です。

また、血液を作る葉酸や貧血予防になる鉄、便秘改善につながる食物繊維などが含まれ、女性にはうれしい食材です。

  • 柿(かき)

柿はとても栄養が豊富で「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われるほどです。

ビタミンCの含有量はイチゴやレモンにも劣らないもので、大きめの柿一つで一日分のビタミンCを摂取することができるくらいです。皮膚や粘膜、視覚を正常に保ち、免疫力を維持するビタミンAも豊富で、免疫力を高める効果があるビタミンCとの相乗効果で風邪をひきやすい時期には最適な食材です。

また、果実だけではなく柿は様々なものに使用されています。

未熟な渋柿で作る「渋柿液」は防水用の塗料として、ビタミンB、C、K類を含む柿の葉は「柿の葉茶」などに使用され、血管強化や止血などの効果が期待できます。

柿の葉は殺菌作用もあるため、押し寿司を柿の葉で巻いたお寿司が、柿の名産地である奈良の郷土料理「柿の葉ずし」として有名です。

柿のヘタを乾燥させたものは「シテイ」と言い、高級漢方として使われています。

おいしい秋の食材はまだまだ他にもたくさんあります!

でも、いっぱい食べると太っちゃいそうで心配になりませんか……?

 

秋にはダイエットできないの?対処法を伝授!

「食欲の秋」「実りの秋」「収穫の秋」だからこそ、秋の食材には体にうれしい食材がたくさんあります。

それらを控えることなく、毎日の食べ方に気をつければ太りにくい体作りができるのです。

「○○ダイエット」のように、いっぱい頑張らなくてもできるお手軽な方法を、日々の生活に上手に取り入れてみてください。

  • 食べる順番

空腹時に肉や魚、ご飯(糖質、脂質など)から先に食べてしまうと血糖値が急激に上昇してしまいます。するとインスリンの分泌量も増え、脂肪として蓄えやすくなってしまいます。

血糖値を緩やかに上昇させるのが、脂肪を付きにくくさせるコツです。

まずは生野菜や酢の物などから食べましょう。その次に他の野菜や海藻です。野菜や海藻はカロリーが低く、ビタミンやミネラル、食物繊維などが含まれています。そのため、満腹感を得ることができ、さらにゆっくりと消化するので、その満腹感を維持することができ食べすぎを防止してくれます。

最後に、肉や魚やご飯をパクリ。

一色食べは体に良くないので、順番を繰り返しながら食べましょう!

 

  • よく噛んで食べる

よく噛まずに勢いよく食べると、消化不良を起こして胃もたれした……なんて経験はありませんか?

よく噛んで食べることで、消化吸収を助け胃腸の負担を軽減します。さらに満腹中枢が刺激されて、食べすぎも防いでくれます。口の中に入れたものを30回は噛むようにしましょう。

また、よく噛むことで唾液が分泌され、唾液中の消化酵素アミラーゼが一部の糖を分解して、糖が体内に入った時さらに分解をしやすくします。

ただし、食事の最中にあまりお茶や水などの水分を摂りすぎてしまうと、酵素が薄まってしまい逆効果です。水分は食事の最後に摂るようにしましょう。

早食いは太ります。ゆっくりと噛んで秋の恵みを楽しんでください。

 

  • 良い水をたくさん飲む

人間の身体は約60%が水分です。良い水をたくさん摂取することによって、新陳代謝を高め、老廃物を含んだ水分を排出しやすくします。

1回につき500mlを飲む。朝起きた直後、午前、午後、夕方などの4回ほどに分けて、一日2Lの水を飲むようにしましょう。

 

  • 食事の回数にこだわらない

一日3食にこだわらず、1回の食事を腹八分目に抑えて、少しお腹が減ったら少し食べる。これが一番太りにくいと言われています。

というのは、お腹が減りすぎて急にたくさん食べると、脳が「今度はいつ食べるか分らないから次に備えておこう」と、せっかく摂取した栄養分を糖に変えてためようとしてしまいます。少しずつ小まめに食べることによって、それを防ぐことができるからです。

ですので、ダイエットのために食事の回数を減らして、空腹を我慢して次の食事で満腹なってしまうと返って逆効果になります。

小まめに食べると消化器官の負担も軽減されるので、体に優しい食べ方になります。

 

食事の他にも適度な運動をうまく取り入れるとさらに効果的です。

秋は暑さも和らぎ、外出には最適なシーズンです。秋の景色を楽しむため、少しの運動も兼ねてお出かけしてみてはいかがでしょうか?

 

“ダイエット=食べない”ではなく、“ダイエット=適度に食べる”を心掛け、体にも心にも良い秋を迎えましょう!

そして、「食欲の秋」をたっぷり堪能しましょう!!

 

ぱんだ子
ぱんだ子
美味しいものはたくさんあるけど、節度をもって食べていきたいね。
そうそう。秋だけじゃないけど、今日はさつまいも。明日はサンマ。みたいに秋の3ヶ月間でゆっくり味わっていけばいいよね。長いし。
あめちゃん
あめちゃん
ぱんだ子
ぱんだ子
そうだね。。あ、、あめちゃん、ところでタイトルの画像だったいちごって秋の食材?
ひょえーーーーちがうーーー笑
あめちゃん
あめちゃん